漫画・アニメ

    1: バリこれ速報 2022/09/24(土) 15:39:28.31 ID:CAP_USER9
    和月伸宏「るろうに剣心 -明治剣客浪漫譚-」の新アニメが、2023年に「ノイタミナ」枠ほかにて放送。第1弾PV、キャラクタービジュアル、スタッフ・キャストが発表された。

    no title


    これは本日9月24日に開催中の「Aniplex Online Fest 2022」内で配信された「『るろうに剣心』新アニメプロジェクトコーナー」で伝えられたもの。「るろうに剣心 -明治剣客浪漫譚-」は、1994年から1999年にかけて週刊少年ジャンプ(集英社)で連載されたアクション時代劇。1996年にTVアニメ化、1997年に劇場版が公開され、1999年より3作のOVAが発売された。また佐藤健主演による実写映画も制作されている。現在は続編となるマンガ「るろうに剣心-明治剣客浪漫譚・北海道編-」がジャンプスクエア(集英社)で連載中だ。

    新たなアニメでは緋村剣心役を斉藤壮馬、神谷薫役を高橋李依が担当。また監督は山本秀世、シリーズ構成は倉田英之、キャラクターデザインは西位輝実が手がけ、制作をライデンフィルムが担当する。和月はキャラクターデザインやシナリオなどを全編にわたって完全監修。再アニメ化について、和月は「四半世紀の時を経ての新作というコトもあり、今作は信頼できる新スタッフと忖度一切なしのガチ選考で選ばれた実力派新キャストでの制作となります」「るろうに剣心を永く愛し続けてくれる人にも今この瞬間興味を持ってくれた人にも楽しめる作品になると思いますので是非是非御覧下さい」とコメントを寄せた。

    和月伸宏コメント

    『るろうに剣心 -明治剣客浪漫譚-』がまさかまさかの再アニメ化となりました。

    四半世紀の時を経ての新作というコトもあり、今作は信頼できる新スタッフと忖度一切なしのガチ選考で選ばれた実力派新キャストでの制作となります。
    先日、第一回アフレコに参加しましたが文句無しの赤丸花丸太鼓判。
    「ここは一つ、原作者も新原作者にすれば更に素晴らしくなるのでは?」と思う程の出来映えでした。

    るろうに剣心はこれまで漫画、アニメ、OVA、ゲーム、小説、実写映画と様々な形で描かれてきましたが、自分としてはそれら全てがマルチバースに存在する紛うことなき本物だと考えています。
    この本物達に新たに加わる新作アニメ、るろうに剣心を永く愛し続けてくれる人にも今この瞬間興味を持ってくれた人にも楽しめる作品になると思いますので是非是非御覧下さい。

    以下略



    TVアニメ『るろうに剣心 -明治剣客浪漫譚-』第1弾PV
    https://www.youtube.com/watch?v=KlgKIkCZ4nQ

    引用元: 【速報】「るろうに剣心」新作アニメが来年ノイタミナで放送決定! 剣心役を斉藤壮馬、薫役に高橋李依 [Anonymous★]

    【【速報】「るろうに剣心」新作アニメが来年ノイタミナで放送決定!】の続きを読む

    1: バリこれ速報 2022/09/23(金) 08:39:55.03 ID:CAP_USER9
    9/23(金) 7:15配信

    NEWSポストセブン
    タツノコアニメの人気ランキング1位は?

    『科学忍者隊ガッチャマン』『タイムボカン』『ヤッターマン』──。数多くの名作を世に送り出してきたタツノコプロが今年、創立60周年を迎えた。そこで今回は女性セブンの読者アンケート【*】をもとに、人気作品ランキングを発表する。

    【*『女性セブン』の読者(全国の20~80代既婚女性2585人)が回答。回答期間2022年8月19~24日】

    ◆1位『ヤッターマン』(1977年)

    【人気の秘密】“何でもあり”を目指したタツノコプロの代表作!
    「おもちゃ箱をひっくり返したような、“何でもあり”の作品にしようと思ったんですよね。私やスタッフも作っていて楽しめるものにしたかった」とは、監督の笹川ひろしさん。当時のアニメとしては珍しく、番組内で視聴者の写真を紹介したり、視聴者とキャラクターを電話でつないで会話したりと、視聴者参加型で楽しめる作品になった。

    【あらすじ】
     悪党のドロンボー一味(ドロンジョ、ボヤッキー、トンズラー)は、ドクロベエの命令で財宝のありかがわかるとされるドクロストーンを奪おうと企む。ガンちゃんとアイちゃんは、ヤッターマンに変身して一味と戦う!

    ◆2位『ハクション大魔王』(1969年)

    【人気の秘密】2020年には新作も作られたいまなお人気の高い作品
     読者アンケートの好きなキャラクターランキングでは、ハクション大魔王の娘・アクビちゃんが1位を獲得! 「アクビちゃんが大魔王を“おとたま”と呼ぶのがかわいくてまねしていました」(60才・主婦)という声も。笹川さんが監督を務め、平均視聴率は13.5%、最高視聴率は19.1%(第23話)。

    【あらすじ】
     くしゃみをすると壺から飛び出てくる大魔王と小学2年生のカンちゃんとの騒がしい日々を描いたコメディー。涙の最終回は必見! 

    ◆3位『タイムボカン』(1975年)

    【人気の秘密】この作品のヒットで『タイムボカンシリーズ』が始まった!
    「カブトムシ形のタイムマシン“タイムメカブトン”が時間移動をするとき、ペラペラな紙のようになる演出があるのですが、これは当時珍しいアナログコンピューターによる画像加工技術を使っています」(アニメ評論家の藤津亮太さん)。この作品のヒットで、後に7作品続くシリーズが始まった。平均視聴率19.0%、最高視聴率26.3%。

    【あらすじ】
     行方不明の木江田博士を捜すため、助手の丹平と博士の孫娘・淳子が、タイムマシンに乗って過去や未来へ向かい冒険を繰り広げる。

    ◆4位『昆虫物語みなしごハッチ』(1970年)

    【人気の秘密】厳しい自然界での出会いと別れに日本中が涙した!
     読者の好きなキャラクターランキングではハッチが2位に。普遍的な母子の愛、過酷な自然界での成長譚に親子でハマった読者も。

    【あらすじ】
     スズメバチの襲撃によってママと生き別れになってしまったミツバチのハッチは、ママを捜すため、長く過酷な旅に出る。

    ◆5位『いなかっぺ大将』(1970年)

    【人気の秘密】大ちゃんとニャンコ先生の掛け合いにも注目!?
    「大ちゃん役の声優・野沢雅子さんとニャンコ先生役の故・愛川欽也さんの掛け合いはアドリブが多く、楽しくて現場も大盛り上がりでした」(声優・岡本茉利さん)

    【あらすじ】
     川崎のぼる原作の漫画をアニメ化。山奥の村で暮らしていた少年・風大左ェ門は立派な柔道家を目指し東京へ。トラ猫のニャンコ先生を師と仰いで柔道の修行に励むが……。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/847349a5bd515fafff26939a01a6cdb538576b67?page=1

    no title

    引用元: 【アニメ】タツノコアニメ 女性セブン読者が選んだ人気ランキング1位は『ヤッターマン』 [フォーエバー★]

    【タツノコアニメ 女性セブン読者が選んだ人気ランキング1位は・・・】の続きを読む

    1: バリこれ速報 2022/09/22(木) 12:28:20.39 ID:CAP_USER9
    モンキー・パンチ原作によるアニメ「ルパン三世」と北条司原作によるアニメ「キャッツ・アイ」のコラボアニメ映画「ルパン三世VSキャッツ・アイ」が、2023年にPrime Videoで世界独占配信。ティザービジュアル、PV第1弾が公開された。

    これは「ルパン三世」アニメ化50周年と「キャッツ・アイ」の原作40周年を記念して展開されるもの。「キャッツ・アイ」連載当時の1980年代を舞台に、泥棒と怪盗のレトロでスタイリッシュなクライム・アクションが繰り広げられる。なお「ルパン三世VSキャッツ・アイ」は“Amazon Original”で日本のアニメーション映画として初めての作品となる。

    監督は静野孔文、瀬下寛之が担当。アニメーション制作はトムス・エンタテインメントが務める。さらに北条、モンキー・パンチの次男でありエム・ピー・ワークス代表の加藤州平氏、ルパン三世役の栗田貫一、来生瞳役の戸田恵子、プロデューサーの石山桂一からはコメントも到着した。


    ■ 「キャッツ・アイ」原作者・北条司コメント
    『ルパン三世』は、中学生の時から読んでいた大先輩の作品です。モンキー・パンチ先生がこのコラボの話を聞かれたらどんな反応をされていたかな・・・?と考えずにはいられません。生前、何度かバーでご一緒する機会がありましたが、お互いマンガのお話をすることはありませんでした。ある時、人づてに頼みたいことがあると言われ、ただそれをおうかがいする前に亡くなられてしまいました。それがさすがにこのコラボの話ではなかったとは思いますが、今回、不思議なご縁でご一緒することができて嬉しいです。モンキー・パンチ先生にも喜んでいただけていたら良いなと心より願っています。

    ■ エム・ピー・ワークス代表・加藤州平氏(モンキー・パンチ次男)コメント
    モンキー・パンチは、『キャッツ・アイ』の世界観が大好きでした。『キャッツ・アイ』と『ルパン三世』が対決したらきっと面白い作品になるだろうと、楽しそうに話をしていたことがあります。親しく交流させていただいた北条先生の『キャッツ・アイ』と、『ルパン三世』のコラボレーションは、熱望していたモンキー・パンチにとって、夢のような企画だと思います。
    原作者でも、アニメの『ルパン三世』は、ファンの一人として楽しむ人でした。きっと、今回の企画も、ファンの一人として、作品完成を待ちわびていると思います。

    ■ 栗田貫一(ルパン三世役)コメント
    『ルパン三世』はアニメ化50周年、『キャッツ・アイ』は原作40周年。記念すべき年に、まさかの対決?ができるとは思っていませんでした。ルパン、次元、五ェ門と銭形のとっつぁん。そして、不二子ちゃんと3姉妹!今からとても楽しみです!

    ■ 戸田恵子(来生瞳役)コメント
    お話聞いて、えーー?マジーー?って感じでひっくり返りました!(笑)何十年ぶりとかは最早考えたくない!(笑)お祭り気分で楽しもうと思います。

    ■ プロデューサー・石山桂一氏コメント
    『ルパン三世 VS 名探偵コナン』に継ぐ夢のコラボ作品『ルパン三世 VS キャッツ・アイ』。泥棒 VS 怪盗ということもあり華麗でスタイリッシュなアクション要素も満載なテンポのいい作品に仕上がりました。北条先生からモンキー先生へのリスペクトもあり「ルパンの世界観にキャッツたちが存在している様に見せたい、ルパンのキャラクターに寄せてほしい」というオーダーがあったため、漫画家の中田春彌先生にイラストを描いていただき、両方のキャラクターを一新いたしました。また、ルパンのジャケットがピンクなのは、『キャッツ・アイ』の時代設定が80年代であり、本作もその時代設定をフィーチャーしているため「80年代のルパンと言えばピンク」という思いがあり決定しました。

    ■ Amazon Original「ルパン三世 VS キャッツ・アイ」
    2023年よりPrime Videoにて世界独占配信

    □ スタッフ
    原作:モンキー・パンチ『ルパン三世』/北条司『キャッツ・アイ』
    監督:静野孔文、瀬下寛之
    脚本:葛原秀治
    副監督:井手惠介
    キャラクターデザイン:中田春彌、山中純子
    プロダクションデザイン:田中直哉、フェルディナンド・パトゥリ
    アートディレクター:片塰満則
    編集:肥田文
    音響監督:清水洋史
    音楽:大野雄二、大谷和夫
    アニメーション制作:トムス・エンタテインメント
    製作:ルパン三世 VS キャッツ・アイ製作委員会

    □ キャスト
    栗田貫一、戸田恵子

    https://news.yahoo.co.jp/articles/ec030344f61d742a8b35466ec58bba66f93d8cad
    Amazon Original『ルパン三世VSキャッツ・アイ』PV第1弾解禁! 2023年よりPrime Videoにて “世界独占配信”決定!
    https://youtube.com/watch?v=6s5QLmAc7gM

    引用元: 【アニメ】ルパン三世×キャッツアイ、コラボアニメ制作 Amazonで世界独占配信 [ひかり★]

    【ルパン三世×キャッツアイ、コラボアニメ制作】の続きを読む

    IMG_1331
    1: バリこれ速報 2022/09/21(水) 16:51:31.28 ID:CAP_USER9
    https://magmix.jp/post/112468
    2022.09.21

    たくさんの名作を生みだしてきた「週刊少年ジャンプ」。数ある作品のなかで「10強」を決めるとしたら、あなたはどの作品を選びますか? この記事では、売り上げや世界的知名度、社会への影響から客観的に分析します。

    ネット上で多くの支持を集めていた「10強候補」は、『ドラゴンボール』『ONE PIECE』『NARUTO-ナルト-』『鬼滅の刃』『遊☆戯☆王』『SLAM DUNK』『キャプテン翼』『北斗の拳』『キン肉マン』『こちら葛飾区亀有公園前派出所』でした。

    「10強」候補の明確な指標となるのが発行部数でしょう。発行部数ランキングでは『ONE PIECE』が圧倒的トップに君臨しています。『ドラゴンボール』『NARUTO-ナルト-』が続き、それぞれ2億5000万部超え。『鬼滅の刃』については、映画の興行収入が400億円を超え、歴代1位となりました。『遊☆戯☆王』はトレーディングカードがギネスに認定されるほどの爆発的ヒットを記録するなど、数値的には「ジャンプを代表している」と明言できます。

     知名度や世の中への影響力は数値で測れるものではありませんが、「10強」を選ぶ上では大事な物差しとなります。『SLAM DUNK』はバスケットボール、『キャプテン翼』はサッカーの競技人口を爆発的に増やすことに貢献しており、「ジャンプ」を代表するスポーツマンガと言えるでしょう。両作品とも海外での反響が大きく、特に『キャプテン翼』はプロサッカー選手にもファンが多い作品です。

    『こちら葛飾区亀有公園前派出所』は歴代で最も長い連載期間を誇っており、舞台となった亀有駅周辺は人気の観光スポットに。『キン肉マン』『北斗の拳』については、世代を超えた知名度や海外人気などを総合して「10強」と考えられています。

    もちろん上記に加えて他の作品を推す声もあります。なかでも『幽☆遊☆白書』『るろうに剣心 -明治剣客浪漫譚-』『ジョジョの奇妙な冒険』『BLEACH』『聖闘士星矢』『呪術廻戦』が候補にあがっていました。売り上げだけで見れば「10強」入り確実な作品もありますが、「ジャンプマンガとしての印象度として次点かな」という声があがっていました。とはいえ「次点でこのメンツ」と挙げられる作品も、将来的には「10強」入りしているかもしれません。

    引用元: 【漫画】「週刊少年ジャンプ」作品の10強といえば? 売上・社会的影響も含め分析 [muffin★]

    【「週刊少年ジャンプ」作品の10強といえば? 売上・社会的影響も含め分析 】の続きを読む

    1: バリこれ速報 2022/09/16(金) 19:22:04.92 ID:CAP_USER9
    9/16(金) 6:10配信

    マグミクス
    『ガンダム』ファンは女性から始まった!
    女性人気が高かったアムロとシャアが描かれている「機動戦士ガンダムDVD-BOX 1」ビジュアル(バンダイビジュアル)

    「ガンプラ」という名前を知らない人は、まずいないでしょう。言わずと知れた『機動戦士ガンダム(以下ガンダム)』に登場するロボット「モビルスーツ(以下MS)」のプラモデルである「ガンプラ」は、日本のみならず、世界中で人気のアイテムです。

    【画像】女性ファンを魅了した『ガンダム』キャラたち(4枚)

     最近では、プラモデル作りを愛好する女性も多くなりましたが、それでも「プラモデルと言えば男性の趣味、当然、ガンプラを愛好している主力も男性で、MSでの戦いが繰り広げられる『ガンダム』は男性主体の人気コンテンツだ」そうした認識を持つ人はいまだ多いでしょう。

     では、実際はどうだったのでしょう。1979年に放送が開始された『ガンダム』を熱心に応援した最初のファンは、むしろ女性でした。

     彼女たちは、劇場アニメ『機動戦士ガンダム ククルス・ドアンの島』などで、今注目されているマンガ作家でアニメーターでもあった「安彦良和」さんがデザインしたキャラクターが大好きだったのです。

     安彦さんは、ガンダムを制作したサンライズ(現・バンダイナムコフィルムワークス、当時・日本サンライズ)が『ガンダム』以前に下請け制作をしていた『勇者ライディーン』(東北新社)、『超電磁ロボ コン・バトラーV』(東映本社)などのキャラクターデザインや作画等で、既に女性ファンから注目されていたアニメーターでした。

    「男児の世界に現れた女子好みのイケメンキャラ」

     当時の男児をターゲットにしたTVアニメーションのキャラクターには、たくましく男らしい絵柄が求められていましたが、そんななかで、安彦さんの描くキャラクターは、スマートでシャープ、甘い顔立ちの、ちょっと少女マンガ風のイケメンだったのです。

     このキャラクターに注目したのが、制作側が想定していた視聴者ではない、高校生や大学生のハイティーン女子でした。彼女たちは『ガンダム』で安彦さんがデザインした、主人公アムロや、敵方のシャア、ガルマなどの、いわば「美形キャラクター」にまず注目し、自ら同人誌などを作って、その作品世界やドラマなども紹介。まだ世の中にはほとんど知られていなかった『ガンダム』を愛情一杯に応援しました。

     また同じ頃、そんなアニメ人気に気が付いた出版社が次々と立ち上げたアニメ専門誌も『ガンダム』を取り上げ、アニメ好きの若者たちから大いに人気を得ることになっていったのです。

     一方、ガンプラが発売されたのは『ガンダム』の放送が終わって半年後です。さらにそれが一般に知られたのはその数か月後で、ガンプラを購入しようとした大勢のファンが、エスカレーターで将棋倒しになるという事件がニュースに取り上げられたからでした。

     こうした事実から、『ガンダム』人気の立役者は誰か? と訊ねられたら、まずは女性アニメファンであり、それを全国レベルに押し上げたのが男性ガンプラファン、ということになるのです。

    【著者プロフィール】
    風間洋(河原よしえ)
    1975年よりアニメ制作会社サンライズ(現・バンダイナムコフィルムワークス)の『勇者ライディーン』(東北新社)制作スタジオに学生バイトで所属。卒業後、正規所属にて『無敵超人ザンボット3』等の設定助手、『最強ロボ ダイオージャ』『戦闘メカ ザブングル』『聖戦士ダンバイン』『巨神ゴーグ』等の文芸設定制作、『重戦機エルガイム』では「河原よしえ」名で脚本参加。『機甲戦記ドラグナー』『魔神英雄伝ワタル』『鎧伝サムライトルーパー』等々の企画開発等に携わる。1989年より著述家として独立。同社作品のノベライズ、オリジナル小説、脚本、ムック関係やコラム等も手掛けている。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/218bd9455ffb054d1fc0a27c29ce911a8fe69ad3

    no title

    引用元: 【ガンダム】「ガンダム」ブームの立役者は女性だった? 低視聴率だった初回放送を熱心に観ていたワケ [フォーエバー★]

    【【朗報】「ガンダム」ブームの立役者は女性だった!!?】の続きを読む

    1: バリこれ速報 2022/08/31(水) 11:28:24.53 ID:CAP_USER9
    2022.08.31 11:04

    映画『ONE PIECE FILM RED』の勢いが止まらない。日本では、今年一番の大ヒット作との呼び声も高かった『トップガン マーヴェリック』を上回るほどの躍進を遂げているようだ。

    8月29日に発表された『映画観客動員ランキング』(興行通信社調べ)によれば、「ONE PIECE FILM RED」は4週連続で1位を獲得。

    8月27日、28日の集計でも動員およそ83万2000人、興行収入も12億900万円と驚異的な数字を記録している。また公開からわずか23日で動員数の合計が約820万人、興収は約114億5400万円を記録したことも明かされた。


    「今年もっともヒットした映画『トップガン マーヴェリック』は、5月に公開された作品ですが未だに人気は高く、累計興収は118億円を突破しました。しかし、1カ月も経たずに『ONE PIECE FILM RED』は100億円突破を達成。もはや『トップガン』が抜かれるのも時間の問題かもしれません」(映画ライター)


    『トップガン』と『ワンピ』にある差は?

    破竹の勢いを見せる「ONE PIECE FILM RED」だが、実は劇場へ足を運んだ人の評価は思わしくない…。特に「トップガン」も鑑賞したという人からは、

    《トップガンからワンピースで見たのが間違いやったわ。どっちも良いのにトップガン良すぎて色々まずかった》
    《ワンピースもう1回観たいと思ってたけど、トップガンを観ちゃったからワンピースどうでもよくなっちゃった…。トップガンもう1回観たい》
    《ワンピースを観に行ったついでに気になってたトップガンを観に行ったら、後者の方が圧倒的に面白かった》
    などの声が多く見受けられた。

    「2作品のレビューを比べても差が出ています。8月31日現在、『映画.com』では『トップガン マーヴェリック』が4.5、『ONE PIECE FILM RED』が3.0、『Filmarks』では4.5と3.8、『Yahoo!Japan映画』では4.7と3.7という結果です。『ONE PIECE FILM RED』が低いというワケではないのですが、『トップガン マーヴェリック』の評価や満足度が非常に高いのです」(同ライター)

    公開当初から、「ONE PIECE FILM RED」はAdoの起用を巡って賛否を招いていた。しかし、なぜこれほど動員と興収が伸びているのだろうか。

    「最近のアニメ映画では、さまざまな入場者特典を用意してリピーターを量産する手法がよく見られます。『ONE PIECE FILM RED』も同様の作戦を展開しており、公開初日から『「ONE PIECE」コミックス-巻四十億〝RED 〟-』を配布。第2弾では今話題の『ONE PIECE カードゲーム チュートリアルデッキ』が特典に。27日からは第3弾として『「ONE PIECE」コミックス-巻4/4〝UTA〟』が配布されています。『トップガン マーヴェリック』も、人気スマホアプリ『ウマ娘 プリティーダービー』とコラボした入場特典を用意するなど、いわゆる特典商法を展開していました。しかし、『ONE PIECE』ほど露骨には特典商法に頼っていない印象です」(同)

    「ONE PIECE FILM RED」が「トップガン マーヴェリック」を超える日は遠くないだろう。はたして特典の第4弾は用意されているのだろうか…。

    https://myjitsu.jp/archives/376109

    引用元: 【映画】『トップガン』超え確実?『ONE PIECE』劇場最新作が成績を伸ばすワケ [爆笑ゴリラ★]

    【『トップガン』超え確実?『ONE PIECE』劇場最新作が成績を伸ばすワケ】の続きを読む

    このページのトップヘ